浪費癖は何とかならないのか

浪費癖は何とかならないのか

ブラックリストに入ってもキャッシング出来て助かりました

私は欲しい物を衝動買いしてしまうことが多くて、後先考えずに同時に大量買いをする事もしばしばありました。
お金を借りる2014.com

 

その買い物はクレジットカードを使って行うので、お金を浪費しているという感覚を実感しにくいことが更にその浪費癖に拍車をかけていました。

 

そしてある時欲しい物が同時に幾つかあって、そのどれもが今買わないともう買う機会が無くなるかもしれないという事があり、見境を失ってローンで自分の支払い能力の限界を超えた買い物をしてしまったのです。

 

これまではローンで支払う事はあっても支払に遅れたことは無かったのですが、このときばかりは支払を滞らせてしまいました。

 

そのことが尾を引いたのか、暫く経ってお金が無い時に事故を起こしてしまって、すぐにまとまったお金を工面しようと消費者金融からお金を借りようとしたのですが、審査に落とされてしまいました。

 

このときはどうしたら良いか途方に暮れましたが、ブラックリストに入っていても審査OKな金融機関でお金を借りる事ができて何とかその場は凌げました。

取り立てにも毅然とした対応を

自分の知らないところで、キャッシング会社だとおもっていたら闇金に足を踏み入れていたなんて話もよく聞きます。
闇金会社と聞いて一番に思いつくのが暴利だということ、そして取り立てが怖いということ。取り立てなんていくら
口が悪かろうが何も怖いことはありません。怖いとおもう感情は返済が遅れて申し訳ない、どうしようと思う心に
踏み込んで口わるく責めてくるだけ。もしそこに脅迫まがいのことがあったり、法律に基づかないところで話をして
くるなんてことがあったら全然こっちが有利なんです。まずは取り立ての電話などがあったら必ず録音すること。
録音さえしてしまえばしっかり証拠となるので、とても大切なものです。提出すればしっかり対応してもらえます。
取り立てといっても会社に所属しているサラリーマンが相手です。誠意のある対応でこちらも接していきましょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ