ゼロファクターとは、脱毛ジェルではなく、抑毛ジェルです。脱毛の効果を期待して、効果がなかったという勘違いしている人もいますが、こういう人は実に多いです。

ゼロファクターの使い方

無論のこと、ゼロファクターは脱毛剤ではなく、あくまでも抑毛剤であるので、脱毛の効果などは到底期待できません。ゼロファクターをヒゲに塗れば、たちまちヒゲが抜け落ちることなどはあり得ません。抑毛剤とは、徐々に毛が薄くなったり、生える周期が長くなるというものです。ムダ毛が生えるのを抑制するものであって、ムダ毛を脱毛するものではないのです。脱毛効果を期待してゼロファクターを使用している人が効果がないと言っているのです。
ゼロファクターを使用することによって、即時にムダ毛などが綺麗になるということではないのですが、効果がないというのとはまた違います。ゼロファクターのような抑毛剤は、塗布を積み重ねることによって、生えているムダ毛を薄くするほか、ムダ毛の生える周期を遅らせることが目的です。
ゼロファクターの使い方は、ヒゲ剃りの場合であれば、ヒゲ剃りの際に、ジェル代わりにするという方法もオススメです。

ゼロファクターに含まれる成分

ゼロファクターによってヒゲが薄くなったり生える周期が長くなる理由とは、ゼロファクターに含まれる成分にあります。濃いヒゲが生える要因となるものとして、5αリダクターゼが活性化することによって生成された5α-DHTと呼ばれる活性酵素があります。この5αリダクターゼを巧みに抑制することによって、ムダ毛を薄くして、綺麗な肌を作ることができるのです。ゼロファクターには、5αリダクターゼに対抗するために、ダイズ、カミツレ、ジオウなどという成分が配合されているほか、チョウジ、サンショウ、アロエ、ヒオウギ、ラレアディバリカダなどといった、剛毛に対抗するための成分が配合されています。量販店で、販売されている、フォームやジェルにはこのような成分は含有されていないのです。

ゼロファクターを現実に使ってみての口コミ

「ヒゲが濃いために、何度もカミソリで剃るために、毎回カミソリ負けして肌がボロボロになっていた。いつもは大抵、市販のシェービングフォームを使用していた。しかし、ゼロファクターを使ってみたところ、ヒゲが薄くなったような気がして、ヒゲが気にならなくなった、肌もボロボロになっていたのが嘘のようだ」との20代前半男性の感想があります。
そのほか、「年々ヒゲが濃くなっていたが、ゼロファクターを使用することによって、ヒゲが目立たなくなった。」「ゼロファクターを使用していくうちに若く見られるようになった」などという、30代から40代までの男性の口コミもあります。

まとめ

このように、ゼロファクターは適切な使い方をすることによって、その効果を発揮してくれます。間違っても脱毛効果を期待して使用しても、そのような効果は発揮してくれないので、この点は留意しておきたいポイントです。口コミでもきっと本来的な使い方をしていたことから成功したと言えるでしょう。

 

参考 ゼロファクター 口コミ

関連記事