外壁の塗装工場では、必要に応じて屋上やベランダの防水工場を行います。
外壁塗装が必要になった頃になると屋上や、ベランダの床も劣化が進んでいますので、一緒にリフォームしたほうがいい場合も多くあります。
ベランダやバルコニーは、コンクリートが剥き出しになっていることが多いです。
日光や雨風を受けて劣化していき、ヒビ割れなどが発生することがあります。
ウレタン防水とは、ウレタンゴム係塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を塗りつけて、塗布した材料が化学反応して固まると、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜が出来上がります。
液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。
暖衞シート、FRPなど他の防水材料との複合防水工法は、性能面、意匠面でも豊富なバリェーションと信頼性の高さから様々な用途に対応できます。
密着工法とは、ウレタン防水材を塗布し補強布を塗りつけて所定の厚さに仕上げる方法です。
特徴は、ウレタン防水層では、トラブルが懸念されます。
原因は、接着の不足です。
通気緩衞工法とは、通気性能を有する通気緩衞シートを貼り付け、その上にウレタン防水材を塗布するこてで、形成される防水工法になります。
参考:外壁 屋上 ウレタン防水

関連記事