アルコール依存症でも全身脱毛できる?

アルコール依存症は、れっきとした病気です。
もともとは、飲みすぎが習慣化してしまうのが原因ですが、なってしまうとどうしてもお酒が飲みたくて我慢できなくなったり、飲み始めるとやめられなくなったりと、自分でもコントロールができなくなってしまいます。
そしてそれが原因で生活や仕事に支障をきたしたり、悩んだりしている人も少なくないのです。

こうしたつらいアルコール依存症ですが、それが原因で社会的な制約を受けることもあります。
エステサロンなどでの全身脱毛 月額もそのひとつ。

アルコールを飲むと全身の血行が良くなるため、施術の際に痒みが生じたり肌トラブルを起こす可能性があるというのがその理由です。

多くの全身脱毛サロンでは

多くの全身脱毛サロンでは当日はもちろん、前日から飲酒は控えるように言われますが、アルコール依存症ということになると、それが我慢できなくて飲酒した状態で施術に来てしまったり、お酒を飲んだので予約の変更を繰り返すことになったりする可能性が高いため、入会や契約の段階で断られる可能性が高いでしょう。

アルコール依存症だけど全身脱毛をしたい、というのもわからないではありませんが、やはりサロンでは肌トラブルのリスクを避けるのが基本です。
まずは依存症の治療を行ってから全身脱毛をスタートするのがいいですね。

関連記事