光が肌全体に反応してしまう

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛はどちらも、メラニン色素に反応する特殊な光で毛根の黒色メラニンを刺激し、発毛を抑止する仕組みに脱毛方法です。

この光の性質上、毛根のメラニンに限らず色素の濃い場所に対して反応してしまうという特徴があります。

そのため、ひどく日焼けをしてしまっていると光が肌全体に反応してしまうために脱毛効果が十分に発揮できなかったり、肌に大きな負担を与えてしまう危険があります。

日焼けした状態でキレイモの施術はNG!

そのため、キレイモでは日焼けをしている場合は施術を受けることはできません。

といっても、通勤・通学などで少し焼けてしまった程度であれば問題はないでしょう。

真夏に日焼け対策をせず、海や山で思いっきり遊んだ直後のように、皮がむけてしまったり誰が見ても日焼けしている、とわかるほどの日焼けはNGです。

施術しても問題ないか自分では判断できない場合は、キャンセル料金のかからないうちにキレイモに確認してみましょう。

少しでも気になる場合は日焼けが収まるまで施術をお休みするのもいいでしょう。

また、そうならないためにも脱毛に通っている間は日傘や帽子などで普段より念入りに日焼け対策をすることをおすすめします。

関連記事