浪費癖は何とかならないのか

結婚式のため借金をしました

結婚式のため借金をしました

実は結婚式を挙げる時に借金をしました。
結婚式を豪華にしたかったのでお金を借り入れたのですが、今も毎月三万円程度返済をしています。
結婚式はお金が掛かってしまう行事です。
借金をして式を挙げた、というカップルは結構いるのでは、と推測をします。
海外で結婚式を挙げたい、水中で結婚式を挙げたい、有名施設を貸しきって式を挙げたい、などと大金を掛けた色々な式があります。
特別なイベントだからこそ、お金はケチらずに祝いたいですよね。
私は借金をしてまで結婚式を敢行して良かったと満たされています。
300万円、500万円、高額なお金が掛かってしまいますが借金をしてでも豪華にするべきですよ。
だって一生に一回しかない大切なイベントですからね。

借金をするならば機関に借入を

借金は昔からビジネスとして親しまれてきました。
借金はつまりは金融機関の営みです。
個人で借金を行なう人もいますが、個人同士の借金というのは有耶無耶にし易い、踏み倒しが多い、返済をしないからといってトラブルに発展する、もしくは返済をしたくないからといって危険な行動に出る、怨恨が残る、とあまり良い話は聞きません。
お金を貸す側は恨みを持ってしまう事もあるようです。
金融機関でお金を借りると、債務者は機関に借りているのであって個人に借りているのではない、機関も仕事として客に貸し付けているだけ、といった関係にて個人同士の私怨が一切発生しません。
私は借金をする時はなるべく機関でお金を借り、後腐れが無いようにしています。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法
ホーム RSS購読 サイトマップ